歯周病治療


歯周病は早期に治療することが重要

40歳以上の方の歯のなくなる原因の80%以上が歯周病です。
「歯が一本ぐらいなくなってもいいや」と、思っていると10年後には10本もの歯がなくなっている、なんて事にもなりかねません。

歯周病で歯がなくなる場合、その1本だけが悪いということは少なく、通常はその周囲も歯周病が進行しています。
歯周病は細菌が原因ですので口の中全体に広がっていきます。

一度しっかりとした歯周病の治療を行い、定期的にメンテナンスをすることをお勧めします。


┃歯周病の進行


歯周病の進行度1
進行度★☆☆☆
歯垢が溜まり、歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がります。歯を磨いた時に出血します。
歯周病の進行度2
進行度★★☆☆
歯周ポケットが広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。
歯周病の進行度3
進行度★★★☆
ポケットでの炎症が慢性化し、歯槽骨が破壊されていきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。
歯周病の進行度4
進行度★★★★
ポケットでの炎症が慢性化し、歯槽骨が破壊されていきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。




┃歯周病の治療方法

 プラークコントロール
歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。

プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、
正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。

 スケーリング &
 ルートプレーニング

歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。

歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、
歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、
歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

 詰め物や被せ物の
 修正治療

詰め物や被せ物の不適合があると、歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物や被せ物が合っているかを確認し、合っていなければ修正する治療が行われます。

詰め物や被せ物が適合するようになるだけで、歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

 生活習慣の改善
病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。

十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。

また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。

 治療後の定期検診
歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。

一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。

そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。



▲ページTOP

© むさしデンタルオフィス