入れ歯



「入れ歯は噛み心地が悪い」と、まだお思いですか?

実際の症例写真はこちらです。>

「入れ歯は噛み心地が悪い」と、まだお思いですか?

「上の入れ歯はいいのだけど下の入れ歯がガタガタして・・・」そんな患者様の話をよく聞きます。入れ歯には入れ歯の決まった形があります。それを無視して小さい入れ歯にしてみたり、大きい入れ歯にしてみたりするとお口に合わない入れ歯になってしまいます。

また、入れ歯は全体の噛み合せも重要です。「下の入れ歯の調子悪いので下だけ治して下さい。」と患者様に言われることもありますが、上の入れ歯との噛み合わせ(逆の場合もあります)によって入れ歯が合わないこともあるのです。



┃入れ歯の種類


 保険義歯


保険義歯
プラスチック素材の義歯です。
口の中で熱が伝わりにくくなるなど、自費の義歯に比べると機能的にも見た目にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

 ノンクラスプデンチャー


ノンクラスプデンチャー
義歯(入れ歯)には必ず付いていたバネ(クラスプ)を取り除いた義歯です。

金具を使用しないため一見入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。

自然で美しい仕上がりをご希望の方には、ノンクラスプデンチャーをおすすめします。

 金属床義歯


金属床義歯 上顎正面
上顎正面

金属床義歯 上顎正面
上顎咬合面

金属床義歯 上顎内面
上顎内面

床の部分が金属でできた義歯です。
プラスチックの物に比べ床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

 コーヌス・テレスコープ義歯


コーヌス・テレスコープ義歯 下顎正面
下顎正面

コーヌス・テレスコープ義歯 下顎咬合面
下顎咬合面

コーヌス・テレスコープ義歯 下顎内面
下顎内面

入れ歯を固定・維持する方法として一般的な金属のバネ(クラスプ)ではなく、はめ込み式の機構を用いた義歯・入れ歯の総称です。
金属のバネを必要としないため、見た目が自然で入れ歯であることを他人に気付かれることがなく、煎餅やタクワンなども問題なく噛むことができます。
審美性と機能性を兼ね備えた、数少ない入れ歯の一つです。

 ブレードティース


ブレードティース 下顎左側方
下顎左側方

ブレードティース 下顎右側方
下顎右側方

通常の入れ歯でもおいしく食事をすることはできますが、お漬物やせんべいなどの固い食べ物をとにかく食べたいという方には、ブレードティースをおすすめします。
ブレードティースの特徴は上あごの入れ歯に包丁のような金属歯をはめこみ、下あごの入れ歯をまな板の用にする形という点です。

 IVOカップシステム
 (入れ歯作製機器)



IVOカップシステム (入れ歯作製機器)
イボカップ システムは重合中にレジンを補填し続けることにより、従来の装置で問題視されていた「重合中の材料の化学的な収縮、変形、重合後の調整の時間、精度」等を解決し、適合の良い高品質な入れ歯が製作できるようになりました。
IVOカップシステムの特徴

適合の良い高品質なデンチャー製作を実現

臭いが付きにくく、変色しにくい義歯床の製作が可能



┃入れ歯の費用


義歯印象料
2,000円
義歯バイト
(咬み合わせの高さを決める)
2,000円
義歯試適
(入れ歯の仮合わせ)
2,000円
バネの無い義歯(1歯)

1歯増えるごとに
80,000円

10,000円
金属床義歯(片側)

金属床義歯(両側)
210,000円

350,000円
CSC内外冠・
アタッチメント(1装置)
50,000円
精密総義歯(1床)
350,000円
H-Aブレード人工歯
100,000円
※税抜価格


┃義歯の症例


 バネのない義歯の症例


初診時

症例① 初診時


未装着時

症例① 未装着時


装着時
症例① 装着時


治療終了後

症例① 治療終了時


 コーヌス義歯の症例


初診時

症例② 初診時


未装着時

症例② 未装着時


治療終了時

症例② 治療終了時



┃入れ歯の洗浄

歯にプラークが付着して、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。
入れ歯を掃除しないとそこに食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。

入れ歯の清掃は

①食事の後は外して流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。

②寝る前に入れ歯を外し、洗浄剤を使用した水につけておく。

入れ歯を磨く時には、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするよう心かけましょう。

 入れ歯磨きのポイント

入れ歯磨きのポイント

 入れ歯の汚れについて

入れ歯の汚れについて
使用した入れ歯には、目に見えなくてもたくさんの汚れ(菌)が付着しています。

入れ歯の材料であるレジン(プラスティック)はカビが繁殖しやすく、除菌を怠ると、口臭や味覚異常、歯ぐきの違和感や痛みに繋がる恐れがあります。

毎晩きちんと洗浄し、翌朝には清潔な入れ歯をはめるようにして下さい。



▲ページTOP

© むさしデンタルオフィス