お子様の治療


噛み合わせは全身に影響します

噛み合わせは全身に影響します

当院では小学校低学年以下のお子様の治療に特に力を入れております。
ここまでの時期に口腔内の環境をきちんと整えておく必要性があります。
さらに虫歯予防にもっとも重要な時期です。

小学校低学年以下のお子様の治療は、大変困難な場合がございます。
お子様方のご家族でも歯ブラシをするのが大変な場合もあります。


お子様は歯科医院という特別な環境におかれて不安と恐怖でいっぱいです。
その為、当院ではすぐに治療を開始することはありません。

まずは、病院とスタッフやドクターに慣れていただく必要があります。
また治療をする器具にも慣れていただかなければいけません。

年齢やお子様一人ひとりの状態によっても違いますが、基本的には初診時にお口の中の診察をします。
2回目からドクターや機械に慣れる練習を開始します。

抑制具(ネットなど)を使って強制的に治療をする方法もありますが、当院ではおこなっておりません。

 大切なのは「虫歯を作らない」ということ

大切なのは「虫歯を作らない」ということ

当院ではお子様の予防歯科として、3ヶ月から6ヶ月に一度来院していただき、歯の清掃、歯磨き指導、フッ素塗布を行っております。

この時期からメンテナンスで歯科医院に通う、歯科医院は怖くないというイメージを持っていただければ幸いです。


┃咬合誘導


咬合誘導とは、お子様の歯並びを早い段階から正しい咬み合わせへの誘導するために行う治療のことです。

子供の時期に、大人の咬み合わせを想定しながら、将来永久歯がうまく咬み合うような治療を行います。
また、早めに対処することで、比較的短期間・少額で歯並びを整えることができます。

矯正治療についてはコチラ!


┃子どものむし歯予防


 むし歯に強い歯をつくる フッ素


むし歯に強い歯をつくる フッ素

フッ素は歯を強くする成分で、むし歯に対して抵抗力の弱い乳歯などをむし歯から守る薬剤です。

初期のむし歯を修復する効果や歯垢の中にあるむし歯菌の働きも抑える効果もありますので、幼児期のむし歯予防には効果的です。

フッ素は「フッ素入り歯磨き粉」・「フッ素のうがい薬」などがありますが、歯医者による歯面へ直接のフッ素塗布がより効果的です。

 歯を削ることなく予防できる シーラント


歯を削ることなく予防できる シーラント

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法がシーラントです。

シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。

シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。



▲ページTOP

© むさしデンタルオフィス